Moinmoin.

友達・恋人・同志

友達・恋人・同志の3つの関係を僕は知っている。
友達は気の合う仲間同士がなんとなくつながっている。そんな感じ。特に誰のためでもない、少し自分のための関係、なんとなくつながる。少し気持ちのいい関係。そこから何かが生まれることはあるけど、大したものじゃない、と思う。

恋人は2人のためだろう。なんか2人がどういう訳か好きになって、いるのだ。たぶん2人のための関係もしくは相手のための関係もしくは自分のための関係。うちへ内へとエネルギーは向かう。生まれるものも、彼ら自身のためのなにか。ほかの人が介在するなんて、無粋だしね。

同志は気の合うやつもいるけど気の合わないやつもいる。表立っては言わないけどね。別に少しくらい嫌な奴でも同志ならありだ。これは自分ら以外のための関係、まあ、最終的にはまわりまわって自分たちのためになるんだけど。外へ外へとエネルギーは向かう。そうやって何かが生まれることもあるし、埋めれないこともある。

恋人的学問は、誰かのために何かを調べること。それも誰か好きな人とか、大切な人とかの。彼らに向けられた知は、やさしい。たぶん。

友達的学問は、なんとなく存在する知。誰のためでもなく、知のために知が存在する。やってることはすごいことだけど、何となしな存在だ。イデオロギーのない学問万歳。妙な政治と切り離された学問万歳。知のために知は存在するのじゃ。

同志的学問は、学問のための学問じゃなく、生活、もっと言えば構造とか、まあなんだ、そういうものに対する学問。外へ外へとエネルギーは向かう。何かのための学問、特定の好きな個人じゃなく、自分のためじゃなく、なんか、社会とか?に向けた学問。もちろん、イデオロギーとか政治は入ってくるよ。多かれ少なかれね。

ある言葉が美しいとか、機能的だとかいうことがあるが、結論から言えば、そういうやつはくそだろう。うんちっちくんさんでしょう。

「美しさは主観的なものだから云々」とかそういう理由も結構だけど、俺がほんとに思うのは、美しいとか、機能的だとかそういうのを人様の言葉に向かって平気で

ドイツで初めて出会い系を使ったが、高い。1つのメッセージを送るのに10コインかかって、250こいんで4000円もした。バカみたいだ。そのくせメッセージを送った女の子は10通くらい送ってもまだ会話を続けようとしている。あほらしくなった。かねないし、本を買ったりコピーする方がいいと思った。なんでも金がかかるのか。

現実の女の子はに声かけるのはタダだけど、そういう恋愛の声かけづらいんだよな。どのタイミングですればいいのかよくわからんし、失敗したら怖いし。怖がるな!男だろ!という人がいるかもしれないけど、なんで俺だけがそういう思いしなけりゃならんのだ(これに関しては、自分でも自分が子供だと思う)。

だいたいそんな怖い思いをする価値のあるものなのか、恋愛とは。うまくいったらいったで、続ける自信がない。毎日のように連絡のやり取りするなんてあほみたいだし、もっとしたいことがある。でも言い出しっぺだから、男だから、責任がある。言い出しっぺが損をするきがしてならない。

まあ、面倒くさい、あほらしい、自身がない、つってるなら一生そんなものすんな。しゃべんな、て感じだよな。たしかにそう思うので口チャックする。とりあえず出会い系サイトは課金システムをやめろ。

北海道で、何人か、活動家の人とか、左翼系の人とか、自由人(?)の人たちと会ってきたけど、あのれんじゅうは、たいそうなこととか、いいことを言う割には、言語に対する関心が低いと思う。言語に対する驚くほどの無知、無関心、怠け。エスペラントを勉強しているとか言いながら、ろくに話せないポンコツばっか。(大きな声では言えんけど、エスペラントは優しい方やぞ)

 

そりゃ言語を学ぶのはゆるくないけどさ、ゆるくないけどよ、文化の一部でしょ。なんつうんだろね、あんたらはたぶん難しいことを簡単な共通の言葉で議論したいんだろうけどさ、おれにとったらそんなんばかばかしいんだわ。結局あんだけ現体制を批判しつつ、日本という国家に規定された標準日本語とかそういうのはそのままなのね、ってさ。まあ、暗記とかそういうつらいことはあまりしたくないんでしょう。

 

北ドイツはさ、ほんとにそういう点ではさ、いくて、シュレースヴィヒホルシュタイン州のいろいろなところに方言の協会とか、教室とか、お話サークルがあるんだわ。で、そん中にはただ方言をしゃべるだけのじいちゃんばあちゃんが大半だけど、一部熱心な奴がいて、「低地ドイツ語は言語だ!」とか、なんとかいう人もいて。出版してる人も協会の中にはいるはず。まあ、政治的には、面白くないんだろうけど(?)

 

ヨーロッパはもともと言語に敏感な土地だったと先生が言ってたので、たぶんそう経緯があるんだろうけど、日本は言語に対する認識が遅れてるんでないかい。そういう訳で、左翼はエスペラントを習得しないのだ。

 

俺は革命が成功して、原発がなくなって、なんかいろいろ自由になって、ホームレすが住みやすくなったとしても、地域性が抹消された国には住まらさんないわ。おれはいやだ。人々が同じ言語と歴史を背負わされ、こぞって面白いことを言ったりすげーことをしたり、かっこいくなったりして差をつけ合う、うんこ。自由とか言って、結局はかっくいいやつが持てるのだ。まあ、それはそれでいいけど。俺は面白いこともすごいこともかっこいいこともせず、その土地で長く使われた言葉と歴史を持ち、少し誇りつつ、何もせずに死にたいのだ。

 

俺が言語の活動家になるわ、もう。あーゆるくない。

07.10.18

 マイナー言語を勉強しているやつ、人工言語を作るやつらの軽さよ。言葉と政治に対する軽さ。自分の好きなことをして、きれいな体系をみて、喜ぶ。自分だけが。その軽さが自分は耐えられない。なぜ言語に少数とか多数とか、方言とか標準とかがあるのか、少数で言語を使うこととは具体的にどういうことなのか、なぜ計画言語であるエスペラントは提案されたのか、いままでどのようにエスペラントが今まで存続してきたか。ということを深く考えていたい、少なくとも自分は。自分の趣味、ないし、趣味的な浅い気持ちでこれをやりたくはない。僕はこれを、こういうと極端な言い方になるけど、「革命」のためにしたいのです。
 革命ってゆう言葉で僕が言うのはさ、「現状を変える」っていうことかな。現状を変えるっていうことを極端に、そして一言で表したら結局革命だよね、ってことで使ってます。少数言語・方言と計画言語は、政治的な要素を含んでいる。これは間違いない。もちろん標準語にも政治的な要素は十二分にあるよ。というか政治的要素の塊かな、僕にとっては。でも方言とかエスペラントはさ、現状=スタンダードなものの支配に対しての、新しい視点を与えてくれる。それ結構好き。標準語。何をもって標準なんだろうね。そりゃー国家様をもって標準って言ってるんでしょう。国際語。なんで英語なんだろうね。そりゃーエゲレス・アメリカ様をもってしてるんでしょう。
 ほら、方言とかエスペラントって政治的な要素をはらんでるしょ。これがなかったら、「うわーみんな言葉同じで意思疎通ができるわーいわーい。でも方言もいいよねー。方言女子とかかわいいし。方言はアクセみたいなものだよー。ま、大事なところでは標準語とか英語使うよ。そりゃ。言葉が通じるっていうのは最高だね。」って思ってたかもしれない。
 宮沢さんがPensante pri Esperantoで言ってた言葉がけっこうすきだ。確か「言葉は鎖だ」だったはず。そうなんだよ。同じ言葉を話して、言葉が通じる、ってのは便利で、気持ちのいいことだけど、いやーな側面もある。同じ言葉を話すだけで、1つの集団として勝手に形成されちまうっていうことかな。形成されるっていうより、形成するための下地が勝手に作られちゃうんだよ。だから言葉が通じるってことは、気持ちいいけど、サイテーなことだと思う。
 言葉が通じるからと言って相互理解が進むと思うなよ。バーカ。俺は同じ標準日本語を話す連中と何千人も話したりつるんだりしてきたが、ほんとに理解できたのはいない。少し理解できたのは、何十人かいる。だけどそんなもんだろう。みんないうことが早いよね。あんまり理解できてないのにさ、先に進んでるように見えるよ。俺には。お前の言ってること (メッセージ) がわかんない、とかお前の言葉 (コード) がわかんないとか、もっと言えると思う。
 これからは「お前の言ってることが意味わかんない。だからもう少し詳しく聞かせてくれ。」とか、「お前の言葉は俺の言葉と違うから、よくわからない。だからもう少しお前の言葉と、お前の考えを教えてくれ。」っていうことが大事だよ。絶対。
 それとも俺の考える速度が遅いだけなのかな。

9月10日

今日はお茶を飲んだ。東京のホテルに置いてあったのを拝借したやつだ。本当はたいしておいしくないやつなんだろうけど、おいしいなあ。おいしく感じてしまう。25年北海道で生きてきたことをじんわりと実感する。やっぱそういうことなんだろう。

いつも、からっぽやみでお茶のバッグを出さないで、まずくしてしまうんだけど、今日もそれをした。けど、今日は目的があってそれをしたと思う。これが最後のお茶バッグだったので、なかなか出せなかったという。結果、まずくなったがうまい。ドイツは好きだし慣れたけど、こういうとろに自分の内気なホームシックさを見つける。

f:id:geennaam:20180911031345j:plain

ドイツに来てもう何日もたった。

しかたねえ。

たとえ俺以外の人たちがたくさん俺のできないことをしてても、そりゃ悔しかったりおちこみそうにわなるけど、しかたねえ、そんなんで落ち込むようなバカにはなんねえって言って、しょうもない捨て台詞はいて、俺は俺だよーっ!!!というのかなあ

それともそいじゃあ彼らを見習って彼らに近づけるよう努力しましょうとするのか。

俺はそうやって0か1かでしか考えられないからだめなんだよなあ。と最近気づいた。0.45ぐらいでするといいとおもふ。まあしかたねえ。