Moinmoin.

07.10.18

 マイナー言語を勉強しているやつ、人工言語を作るやつらの軽さよ。言葉と政治に対する軽さ。自分の好きなことをして、きれいな体系をみて、喜ぶ。自分だけが。その軽さが自分は耐えられない。なぜ言語に少数とか多数とか、方言とか標準とかがあるのか、少数で言語を使うこととは具体的にどういうことなのか、なぜ計画言語であるエスペラントは提案されたのか、いままでどのようにエスペラントが今まで存続してきたか。ということを深く考えていたい、少なくとも自分は。自分の趣味、ないし、趣味的な浅い気持ちでこれをやりたくはない。僕はこれを、こういうと極端な言い方になるけど、「革命」のためにしたいのです。
 革命ってゆう言葉で僕が言うのはさ、「現状を変える」っていうことかな。現状を変えるっていうことを極端に、そして一言で表したら結局革命だよね、ってことで使ってます。少数言語・方言と計画言語は、政治的な要素を含んでいる。これは間違いない。もちろん標準語にも政治的な要素は十二分にあるよ。というか政治的要素の塊かな、僕にとっては。でも方言とかエスペラントはさ、現状=スタンダードなものの支配に対しての、新しい視点を与えてくれる。それ結構好き。標準語。何をもって標準なんだろうね。そりゃー国家様をもって標準って言ってるんでしょう。国際語。なんで英語なんだろうね。そりゃーエゲレス・アメリカ様をもってしてるんでしょう。
 ほら、方言とかエスペラントって政治的な要素をはらんでるしょ。これがなかったら、「うわーみんな言葉同じで意思疎通ができるわーいわーい。でも方言もいいよねー。方言女子とかかわいいし。方言はアクセみたいなものだよー。ま、大事なところでは標準語とか英語使うよ。そりゃ。言葉が通じるっていうのは最高だね。」って思ってたかもしれない。
 宮沢さんがPensante pri Esperantoで言ってた言葉がけっこうすきだ。確か「言葉は鎖だ」だったはず。そうなんだよ。同じ言葉を話して、言葉が通じる、ってのは便利で、気持ちのいいことだけど、いやーな側面もある。同じ言葉を話すだけで、1つの集団として勝手に形成されちまうっていうことかな。形成されるっていうより、形成するための下地が勝手に作られちゃうんだよ。だから言葉が通じるってことは、気持ちいいけど、サイテーなことだと思う。
 言葉が通じるからと言って相互理解が進むと思うなよ。バーカ。俺は同じ標準日本語を話す連中と何千人も話したりつるんだりしてきたが、ほんとに理解できたのはいない。少し理解できたのは、何十人かいる。だけどそんなもんだろう。みんないうことが早いよね。あんまり理解できてないのにさ、先に進んでるように見えるよ。俺には。お前の言ってること (メッセージ) がわかんない、とかお前の言葉 (コード) がわかんないとか、もっと言えると思う。
 これからは「お前の言ってることが意味わかんない。だからもう少し詳しく聞かせてくれ。」とか、「お前の言葉は俺の言葉と違うから、よくわからない。だからもう少しお前の言葉と、お前の考えを教えてくれ。」っていうことが大事だよ。絶対。
 それとも俺の考える速度が遅いだけなのかな。

9月10日

今日はお茶を飲んだ。東京のホテルに置いてあったのを拝借したやつだ。本当はたいしておいしくないやつなんだろうけど、おいしいなあ。おいしく感じてしまう。25年北海道で生きてきたことをじんわりと実感する。やっぱそういうことなんだろう。

いつも、からっぽやみでお茶のバッグを出さないで、まずくしてしまうんだけど、今日もそれをした。けど、今日は目的があってそれをしたと思う。これが最後のお茶バッグだったので、なかなか出せなかったという。結果、まずくなったがうまい。ドイツは好きだし慣れたけど、こういうとろに自分の内気なホームシックさを見つける。

f:id:geennaam:20180911031345j:plain

ドイツに来てもう何日もたった。

しかたねえ。

たとえ俺以外の人たちがたくさん俺のできないことをしてても、そりゃ悔しかったりおちこみそうにわなるけど、しかたねえ、そんなんで落ち込むようなバカにはなんねえって言って、しょうもない捨て台詞はいて、俺は俺だよーっ!!!というのかなあ

それともそいじゃあ彼らを見習って彼らに近づけるよう努力しましょうとするのか。

俺はそうやって0か1かでしか考えられないからだめなんだよなあ。と最近気づいた。0.45ぐらいでするといいとおもふ。まあしかたねえ。

不定詞さんがた

 

5.5.1 The infinitive不定詞

不定詞は動詞派生の名詞から来てるんご

使われるのは、話法の助動詞とか未来の助動詞、不定主語、不定補文、目的の節、ほかの副詞節、不定関係節、不定疑問文などなど

þatei Helias skuli qiman
þarei ik im, þaruh sa andbahts meins wisan habaiþ
ni skuld ist jagjan þans in kaurbaunan
gawaurhta twalif du wisan miþ sis
urrann sa saiands du saian
I found a man to fix the sink
I don’t know how to fix the sink

5.5.1.1 The voice of the infinitive

かつてかつて、不定詞に態の区別のない時代があったそうな、、

命令、許可、使役の動詞とともに

Peilatus uslaubida giban þata leik
Anabauþ briggan haubiþ is
Se cyning hēt his sunu ofslēan
Der König ließ seinen Sohn töten

主語が省略されているだけなのでわ?????

ブッブー違います動作主前置詞句置けるもんねー

Han lod hende male af en kendt kunstner
Er ließ sie von der Polizei verhaften

retroactive construction(って何ぞや???)でもでるの

Hwæt is ūs dōnne
Dieser Bücher sind noch zu lesen

今の英語にはないんだね

The king let his son be killed
These things are to be done

はいノルウェー

Han let barnet slå
Han let slå barnet

デンマークすえーでんは違うスウェーデン語は動詞の前に目的語がいけない!!!!

ファーwwww

Hun lod huset bygge
*Hun lod bygge huset
*Hon lät huset bygga
Hon lät bygga huset

スウェーデン語は動詞の前に目的語を越させるには受動にしなきゃあかん

Jag har hört honom nämnas
*Jag har hört honom nämna
Jeg har hørt ham nævne

モーダルの後ろじゃ常に受動不定詞だね

skal sunus mans...uskusans fram sinistam wairþan
Er soll verhaftet werden

2.2.1.1 The verb inflection

Consider the paradigm for the present tense verb in (6). Column A illustrates the non-inverted form for the verb goan (‘go’); column B illustrates the inverted form, resulting from a movement of the finite verb to C by V2:

(6)

a. ik goan              goan-k

b. gie goat             goa-j

c. zie goat             goa-se

d. wunder goan     goa-me

e. gunder goat       goa-j

f. zunder goan       goan-ze

g. Valère goat        goa Valère

h. Valère en Pol goan goan Valère en Pol

In column A, with a pre-verbal subject, there are only two distinct verb forms: goat for second persons singular and plural and for third person singular, and goan, the form of the infinitive, which is used for first persons singular and plural and for third person plural. Compared to other languages, WF is by no means a ‘richly inflected’ language. Languages with rich inflection may have up to six distinct forms in addition to the infinitive. The Italian paradigm is one well-known example:

(7) Italian: simple present tense: parlare ()

 

 

Das Geländespiel „Orita“

Auch in der Smart-Phone-Zeit spielen viele Kinder in Sapporo draußen. Sie spielen oft Fangen, Versteck oder Räuber und Gendarm, aber in Sapporo gibt es ein spezielles Spiel, das Orita (wörtlich: abgestiegen) heißt.

Meiner Erinnerung nach beginnt Orita mit einem Fänger und anderen Gejagten, und wenn der Fänger einen Gejagten berührt, wird der Gejagte zum neuen Fänger. Es gibt noch zwei wichtige Regeln in Orita, die das Spiel charakterisieren:

1. Der Fänger darf normalerweise nicht auf Anlagen im Park steigen, aber mit geschlossenen Augen darf er es.
2. Wer auf der Erde steht, wenn der Fänger „Orita“ sagt, der wird zum neuen Fänger.

Also geht Orita normalerweise wie folgt: Damit der Fänger nicht Orita sagt, bleiben die Gejagten auf den Parkanlagen wie z. B. der Rutsche. Der Fänger steigt daher mit geschlossenen Augen auf eine Anlage und tastet. Dann fangen die Gejagten an, von einer Parkanlage zu einer anderen Anlage zu schleichen. Aber der Fänger merkt dies und sagt (zu gegebener Zeit) (oder besser:) in diesem Moment „Orita!“.

Orita ist in mehrfacher Hinsicht ein interessantes Spiel. Kein anderes Spiel hat dieselben Regeln, soweit ich weiß. Aber die zwei Regeln von Orita, „nicht höher gehen dürfen“ und „Augen schließen“ sind genauso wie bei den Geländespielen Taka-Oni und Mekakushi-Oni (Blinde Kuh).

Ich persönlich habe dieses Spiel recherchiert, aber es scheint wenige zu geben, die das Spiel kennen. Ich selbst komme aus Ainosato, Kita-Ku in Sapporo und dort habe ich oft Orita gespielt. Letztes Jahr habe ich zufällig in einem Park in Higashi-Ku Kinder gesehen, die Orita spielten/gespielt haben Aber wie weit dieses Spiel in Sapporo verbreitet ist, weiß ich nicht.