Moinmoin.

アタック野郎のポジティブ人生観

俺に、恋愛はどうだという人がたまにいる(正直意味不明なことだ、ドイツ人の女が好きだから、どいつ人女についてしりたくて?聞いてきたっぽい。本当ならなんだか無性に腹の立つ話だ。なんでよりによって俺に聞く)。その人たちはどんどんアタックしろという。彼らはこれまでの人生で当たり前のようにそれをしてきたらしい。その人たちは他人に興味をよく持つ人生を送ってきたらしい。アタックって何と聞いたら、どういう人生を送ってきたのかと言われることもある。皮肉じゃなく、非常に人間らしい生き方だと思うぜ。すげえよ。

俺にとって恋愛とは、意味不明なものだ。いちいち婉曲な言い回しをする。好意を伝えるためには状況が必要。何かしょうもない、と俺が思う、失敗をするとすぐに取り返せなくなる。なんで、あっていいな、おっぱいでけとおもって、何も、将来のことも考えず、すぐに好きなんだけどデートしないっていう流れが普通じゃないのか。別にそれは付き合うことを意味しないし、一回こっきり、それでいいじゃん。いや、普通なのか?なぜ我々は人のおっぱいをほめることができないのか。なぜ好意をわれわれはキモイと感じるのか。おれはどんなホモとか120歳のばあさんとか、くっせえ奴に好きだと言われてもきもいとは思わん。うれしいしょ。うーん、たくさんの人に好きって言われたり、ちわほやされると、人の行為を嫌うことができるのかな。なんかわかる気もしないでもない。だったら好かれない今の状況も悪いことばかりじゃないと思ってしまった。

アタック野郎の発言はなんかこう、うんざりさせる。俺は恋愛を恋愛としてではなく、そういうストラテジーを駆使してアタックするとか、そういうものでなく、もう少し冷静に、日常の延長でしたいという思いがある。なんかこいつ気に入ったな、デートすっかつって。「それはお子ちゃまな発想な気がするけど…。」と内心思う。だから、別に一生かけて誰にも男として好かれなくても、誰も好きにならなくても、いいじゃん。とも思う。それは寂しいかもしれんけど、まあそういうことなのだ。アタック野郎の発言は若いのはいまだけ、楽しい恋愛できるのは今だけ、人生は一回きり、楽しまなきゃ損ソン。という人生観+恋愛は人生の中でもかなり楽しいものだよ、たくさんの人に興味があるよみんなのこと知りたい、とかいうポジティブ人生観が透けて見えてしまう。本当はそうは思ってはいないのかもしれないが、どうもそういう解釈をしてしまって、なにかどこかつらく、あせらされている気分になる。それもそうだろう、今まで二十ウン年すごしてて、こいびととか、人に特段の興味を抱く(これはたまにある。だけどアタック野郎が言うようにまっさらな知り合った状態の人に対して抱くことはまずない。いままで3年くらい一緒にいた男友達に)とかそういったことがなかったからなあ。つまりこう、ポジティブ人生観を通して俺の今までを見ると、多少つらくなり、あせるのだ。まあいくらか慣れたが。けど俺は降参するつもりはない。日常の範囲内でちょこちょこやってみよう。お子ちゃま人生観を持ちつつ、ちょこちょこやったけど、なんもなかったぜーつって死ぬ。それが俺にあってるという負け惜しみを吐いて寝る。

嫌悪する権利とか言ってる奴いたけど、嫌いな奴なんかいないな。そんないなくね?1度Kにぶん殴られたことあったけど、別に嫌いじゃないよ。なんか、うっとおしいことを50回くらい、やめろと言ってもやるやつがいたら嫌いになるっしょ。

友達・恋人・同志

友達・恋人・同志の3つの関係を僕は知っている。
友達は気の合う仲間同士がなんとなくつながっている。そんな感じ。特に誰のためでもない、少し自分のための関係、なんとなくつながる。少し気持ちのいい関係。そこから何かが生まれることはあるけど、大したものじゃない、と思う。

恋人は2人のためだろう。なんか2人がどういう訳か好きになって、いるのだ。たぶん2人のための関係もしくは相手のための関係もしくは自分のための関係。うちへ内へとエネルギーは向かう。生まれるものも、彼ら自身のためのなにか。ほかの人が介在するなんて、無粋だしね。

同志は気の合うやつもいるけど気の合わないやつもいる。表立っては言わないけどね。別に少しくらい嫌な奴でも同志ならありだ。これは自分ら以外のための関係、まあ、最終的にはまわりまわって自分たちのためになるんだけど。外へ外へとエネルギーは向かう。そうやって何かが生まれることもあるし、埋めれないこともある。

恋人的学問は、誰かのために何かを調べること。それも誰か好きな人とか、大切な人とかの。彼らに向けられた知は、やさしい。たぶん。

友達的学問は、なんとなく存在する知。誰のためでもなく、知のために知が存在する。やってることはすごいことだけど、何となしな存在だ。イデオロギーのない学問万歳。妙な政治と切り離された学問万歳。知のために知は存在するのじゃ。

同志的学問は、学問のための学問じゃなく、生活、もっと言えば構造とか、まあなんだ、そういうものに対する学問。外へ外へとエネルギーは向かう。何かのための学問、特定の好きな個人じゃなく、自分のためじゃなく、なんか、社会とか?に向けた学問。もちろん、イデオロギーとか政治は入ってくるよ。多かれ少なかれね。

ある言葉が美しいとか、機能的だとかいうことがあるが、結論から言えば、そういうやつはくそだろう。うんちっちくんさんでしょう。

「美しさは主観的なものだから云々」とかそういう理由も結構だけど、俺がほんとに思うのは、美しいとか、機能的だとかそういうのを人様の言葉に向かって平気で

ドイツで初めて出会い系を使ったが、高い。1つのメッセージを送るのに10コインかかって、250こいんで4000円もした。バカみたいだ。そのくせメッセージを送った女の子は10通くらい送ってもまだ会話を続けようとしている。あほらしくなった。かねないし、本を買ったりコピーする方がいいと思った。なんでも金がかかるのか。

現実の女の子はに声かけるのはタダだけど、そういう恋愛の声かけづらいんだよな。どのタイミングですればいいのかよくわからんし、失敗したら怖いし。怖がるな!男だろ!という人がいるかもしれないけど、なんで俺だけがそういう思いしなけりゃならんのだ(これに関しては、自分でも自分が子供だと思う)。

だいたいそんな怖い思いをする価値のあるものなのか、恋愛とは。うまくいったらいったで、続ける自信がない。毎日のように連絡のやり取りするなんてあほみたいだし、もっとしたいことがある。でも言い出しっぺだから、男だから、責任がある。言い出しっぺが損をするきがしてならない。

まあ、面倒くさい、あほらしい、自身がない、つってるなら一生そんなものすんな。しゃべんな、て感じだよな。たしかにそう思うので口チャックする。とりあえず出会い系サイトは課金システムをやめろ。

北海道で、何人か、活動家の人とか、左翼系の人とか、自由人(?)の人たちと会ってきたけど、あのれんじゅうは、たいそうなこととか、いいことを言う割には、言語に対する関心が低いと思う。言語に対する驚くほどの無知、無関心、怠け。エスペラントを勉強しているとか言いながら、ろくに話せないポンコツばっか。(大きな声では言えんけど、エスペラントは優しい方やぞ)

 

そりゃ言語を学ぶのはゆるくないけどさ、ゆるくないけどよ、文化の一部でしょ。なんつうんだろね、あんたらはたぶん難しいことを簡単な共通の言葉で議論したいんだろうけどさ、おれにとったらそんなんばかばかしいんだわ。結局あんだけ現体制を批判しつつ、日本という国家に規定された標準日本語とかそういうのはそのままなのね、ってさ。まあ、暗記とかそういうつらいことはあまりしたくないんでしょう。

 

北ドイツはさ、ほんとにそういう点ではさ、いくて、シュレースヴィヒホルシュタイン州のいろいろなところに方言の協会とか、教室とか、お話サークルがあるんだわ。で、そん中にはただ方言をしゃべるだけのじいちゃんばあちゃんが大半だけど、一部熱心な奴がいて、「低地ドイツ語は言語だ!」とか、なんとかいう人もいて。出版してる人も協会の中にはいるはず。まあ、政治的には、面白くないんだろうけど(?)

 

ヨーロッパはもともと言語に敏感な土地だったと先生が言ってたので、たぶんそう経緯があるんだろうけど、日本は言語に対する認識が遅れてるんでないかい。そういう訳で、左翼はエスペラントを習得しないのだ。

 

俺は革命が成功して、原発がなくなって、なんかいろいろ自由になって、ホームレすが住みやすくなったとしても、地域性が抹消された国には住まらさんないわ。おれはいやだ。人々が同じ言語と歴史を背負わされ、こぞって面白いことを言ったりすげーことをしたり、かっこいくなったりして差をつけ合う、うんこ。自由とか言って、結局はかっくいいやつが持てるのだ。まあ、それはそれでいいけど。俺は面白いこともすごいこともかっこいいこともせず、その土地で長く使われた言葉と歴史を持ち、少し誇りつつ、何もせずに死にたいのだ。

 

俺が言語の活動家になるわ、もう。あーゆるくない。